HOMEへ戻る    メールお問合せ    販売に関してのお問合せ    アネスト所在地    アネストブログ    リンク    サイトマップ


リアドアガラスのフィルム貼り方説明
   

フィルム面は下

フィルムをカットする

透明シート面にフィルムの左右を記入

  
@パーツカットフィルムを切り分ける
図1  図2  図3
透明のシート面を上にします。 各パーツの間を付属のカッターで切断
し分割して下さい。
分割した各パーツは左右を記入して
おくと貼る時に左右の間違いがなくなり
ます。
フィルムは丸めておいて元の箱の中に
戻しておきましょう。
   
ガラスの外をしっかり清掃 ガラスの内側をしっかり清掃隅々まで念入りに清掃しておきましょう 濡れタオルで軽く吹き上げます
  
Aドアガラス清掃
図1・2   図3
綺麗なタオルでガラス面の内側・外側の清掃を行います。
※ガラスの清掃でフィルム貼り付け後の仕上りが違いますのでしっかりと
  清掃しましょう!
   
濡れタオルでボディを軽く拭きホコリや
汚れを落とします。
満遍なくスプレー液を吹きかけます 透明シート面が自分の方にくるようにフィルムを配置 指についているゴミやホコリを洗います
  
Bフィルム接着面の霧吹き − @
図1 図2 図3
掃除の終わったガラス面にスプレー液を
吹きかけます。
先程、分割したリアドアガラスのパーツを
フィルム面を下にしてガラスに伸ばして
置きます。
バケツの水で両指先を洗い濡らします。
※この時指が濡れていないとフィルムの
糊面に指紋がついてしまう場合がある
ので指は濡らしたままにして下さい。
   
上から下方向へと透明シートを剥がします フィルムの糊面に満遍なくスプレー液を霧吹きします フィルムを丸めます
  
フィルム接着面の霧吹き − A
図1 図2 図3
上から下へと透明のシートを剥がします。
透明のシートは完全に剥がさず約5cm
残します。
※剥がす時に下側になっているフィルム
が浮き上がらないように注意して下さい。
フィルムの折れにつながります。
透明のシートを剥がした状態で速やかに
フィルム面にスプレー液を霧吹きして
下さい。
※スプレー液の約三分の一程度の量を目安に霧吹きして下さい。
霧吹き終了後透明のシートを元の状態
に戻します。
   
元に戻したら図のように軽く丸めます。
まずドアガラスを5cm程下に下げます ガラス面全体にスプレー液を霧吹きします

  
Cガラスのゴミ汚れ除去

図1

図2

窓枠があるドアはガラスを5cmくらい下げた状態で
貼り付けますのでスプレー液を霧吹きする前にあらかじめ
下げておきます。
   

フィルムを貼り付けるガラスにスプレー液を霧吹きします。

ゴムベラでしっかり水切り ホコリなどが残らないようしっかり水切りします ホコリがたまりやすい箇所は角度を替えて水切りします
   
ガラスのゴミ汚れ除去 − A
図1・2   図3
霧吹きした水滴をゴムベラで水切りします。
※この作業は掃除をした後のガラスに付着したホコリ類を除去する作業です。
窓枠の部分はゴミやホコリがたまり
やすいのでゴムヘラの角度を変えて
入念に水を切ります。
   
もう一度ガラス全体にスプレー液を霧吹きします 指についているゴミやホコリを洗います フィルム面と透明シートの間に指を入れます
  
D貼りこみ作業
図1 図2 図3
水切り後、スプレー液を速やかにガラス
面にもう一度霧吹きします。
バケツの水で両指先を洗い濡らします。
※この時指が濡れていないとフィルム
の糊面に指紋がついてしまう場合が
あるので指は濡らしたままにして下さい。
  
ふちの方からフィルムと透明のシートを
剥がします。
ガラスの上っ面2mmくらいでフィルムの位置合わせをします 親指を上手く使いフィルムを入れ込んでいきます フィルムの動きが悪い時はフィルムをめくりスプレー液を霧吹きします
  
貼りこみ作業 − A
図1 図2・3  
透明のシートをめくりフィルム糊面を
ガラスへ貼り付けていき、フィルムの
位置をガラス上部の端面から2ミリ
くらい隙間をあけて位置決めます。
窓枠部にフィルムを入れ込む際は、写真赤矢印のように、親指でフィルムを
真中側の斜め下に動かし、縦じわを作り、入れ込んでいきます。
左右ともこの方法で窓枠内にフィルムを入れ込んでいきます。
※この時力の入れ過ぎでフィルムを折らないよう注意してください。
どうしてもフィルムが動かない場合はフィルムを少しめくりスプレー液を
スプレーしてください。
   
フィルム全面にスプレー液を霧吹きします 全体的に水切りしていきます キッチンペーパーを使い水抜きをしっかりします
   
貼りこみ作業 − B
図1 図2 図3
位置決めしたら、スプレー液をフィルム
全体に満遍なく霧吹きします。
ゴムヘラでフィルムを全体的に固定
します。
固定し終えたらゴムヘラにキッチン
ペーパーを巻きしっかり水抜きをします。
   
下げていたガラスを元に戻します ガラス下部分にスプレー液を霧吹きします 透明シートを取ってしまいます
   
貼りこみ作業 − C
図1 図2 図3
ガラス上部のフィルム貼り付けが
出来たら、下げていたガラスを上げて
ガラスを閉めた状態にしてから下部の
フィルムを貼り付けていきます。
垂れ下がった状態の透明シートを丸めて
フィルムと一緒に持ち上げ、フィルムと
ガラスの間にスプレー液を霧吹きします。
※この時に窓枠に入れ込んでいる部分の
フィルムが折れやすくなっているので様子
を見ながら持ち上げてください。
   
フィルムを片手で抑えながら透明の
シートを外していきます。
親指を上手くつかいフィルムを持ち上げます 親指を使い上手くフィルムを入れ込みます フィルム面にスプレー液を霧吹きします
  
貼りこみ作業 − D
図1・2   図3
フィルムを内張りの中に入れ込んでいきます。
この時両親指で持ち上げるようにして上げ入れ込んでいくとスムーズに入ります。
内張りの中にフィルムを入れ込んだら
スプレー液をフィルム全体に満遍なく
霧吹きします。
  
しっかり水抜きします キッチンペーパーで水抜きの仕上げをします フィルム面を吹き上げ水泡や気泡がないか確認します
  
貼りこみ作業 − E
図1 図2  
ゴムヘラでフィルムを全体的に固定
します。
固定し終えたらゴムヘラにキッチン
ペーパーを巻きしっかり水抜きをします。
■仕上げ
貼り付けたフィルム面の水気をタオルで
拭きエアーの混入やゴミなどが入って
いないか確認する。
ゴミが入っているエアーはヘラでゴミの
周りをフィルムが破れないよう注意
しながら押さえると糊面の中に埋まって
しまい目立たなくなります。
   
ゴムヘラの角度を変え隅々まで掃除します ガラス面にスプレー液を霧吹きします 指についているゴミやホコリを洗います
  
E三角窓部貼りこみ作業 − @
図1 図2 図3
ゴムヘラにキッチンペーパーを巻き、
ガラスの細部を掃除します。
ゴムヘラで掃除を終えたらガラス面に
たっぷりとスプレー液を霧吹きします。
バケツの水で両指先を洗い濡らします。
※この時指が濡れていないとフィルムの
糊面に指紋がついてしまう場合があるの
で指は濡らしたままにして下さい。
   
フィルム面と透明シートの間に指を入れます 透明シートを取ってしまいます 親指を上手くつかいフィルムを持ち上げます
  
三角窓部貼りこみ作業 − A
図1 図2・3  
ドアガラスの貼り方で説明した
「Bフィルム接着面の霧吹き − @」と
同じようにして丸めたフィルムの透明の
シートをめくり、ガラスに貼り付けます。
※この時指が濡れていないとフィルムの
糊面に指紋がついてしまう場合があるの
で指は濡らしたままにして下さい。
   
下部分は、「D貼りこみ作業 − D」で説明した方法で内張りに入れ込んでいき
仕上げます。
完成イメージ(外側)  完成イメージ(内側)

後部座席ドアのフィルム貼り完了!


 

リアガラス

矢印  リアガラス貼り方説明へ!

 
矢印 カット済みパーツフィルムページに戻る





※住宅窓貼り方説明をご覧いただくには、アドビ・アクロバットリーダーが必要です。
下のアイコンをクリックし、無料配布されているアクロバットリーダーをダウンロードするか、
コンピューター関連雑誌の付録CD-ROMなどで入手し、インストールしてください。
(注:接続回線の状況によっては時間がかかる場合があります。)

 
(6397KB)
  

      アネストダイレクトフォン!

 092-441-8158

土曜・日祭日も営業しております。

各種クレジットカードがご利用頂けます。

 
 
HOMEへメールお問合せ販売に関してのお問合せアネスト所在地アネストBLOGリンクサイトマッププライバシーの考え方

フロントガラス断熱フィルム施工カーフィルム施工抜き文字二枚貼り ・マーキング・切文字作成パーツカットフィルムグラデーションフィルム 

 
  

クルマのメンテナンス本舗へGo!

クルマのメンテナンス本舗へGO!